田県神社の豊年祭
戻る
豊年祭
毎年3月15日に行われる例大祭で、天下の珍祭と称されています。
檜(ひのき)で奉製した直径60cm、長さ2mあまりの大男茎形(おおおわせがた/男性の性器)
を厄男たちが御輿に担ぎ、行列をなして奉納し、世界平和と万物育成、豊年を祈願する神事です。

どんな神社なの?

御歳神…  素戔嗚尊(すさのうのみこと)の孫で、大歳神(おおとしのかみ)の子。農業をつかさどる神で、五穀豊穣、企業繁栄の守護神。
玉姫命… 尾張地方開拓の祖神である大荒田命(おおあらたのみこと)の王女で、尾張氏の建稲種命(たけいなだねのみこと)の妃。恋愛、子宝、安産の守護神。

拝殿

手水舎

鳥居

 田縣神社の創建は古く、弥生時代にさかのぼります。
 「母なる大地は父なる天の恵みにより受胎する」との古代日本の民族思想により、当時この地方に住んでいた豪族が五穀の豊穣、万物の育成、国土の発展を祈願したことがはじまりだといわれ、延喜式にも記載があるなど、古くから格式の高い神社として人々の崇敬を集めてきました。

 古くは、五穀豊穣、企業繁栄、開拓の祖神として信仰を集め、のちに、807年(大同2年)に編纂された「古語拾遺〜御祭神の条〜」の故事に基づいて男茎形を奉納し祈願するようになったことから、子宝、安産、恋愛成就、縁結び、夫婦円満、商売繁盛、厄除開運、交通安全、諸病の平癒の守護神として崇敬を集めています。

絵馬

拝殿内部